読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部屋でひとりPCに向かっているなう。

Twitterで吐き出しきれないことをこちらに出したりしてます。保育園の待機児童問題など。

行政の情報公開はもうプッシュ型じゃないといけないのではないか

昨日、区政討論会を開きまして、私が司会を担当しました。 といっても冒頭、テンパってしまって順番を飛ばしてしまったり。 司会って大変です……お見苦しい点がありましたが 登壇者の区議・予定候補の方々も参加者も、何事もなかったように 進めてくださいま…

保活するなら模試は必ず受けましょう ※追記あり

今年もやってきましたこの時期、ブログのアクセスも 大田区の認可保育園に入園を考えているであろう方々からのものが 多く見受けられました。2月20日に結果が発送、21日にはほぼ手元に届いているかと 思います。その様子はこちらでまとめてみました。 tgtr.L…

26年4月入園申し込み数とその結果を受けて

入園内定率は約6割 私は現在、「保育園ふやしたい@大田区」の一人として ない知恵を絞って動いているのですが、 本日、大田区の保育サービス課に今年の保育園入園申し込みの 状況について問い合わせてみました (やはり非常にお忙しそうでした……)。 申し込…

大田区待機児童についてのアンケート

「保育園ふやしたい@大田区」のメンバーである坂井さんが、 大田区にお住まいの、乳幼児をお持ちの方を中心に、 待機児童についてのアンケートを行っており、その中間報告が ブログにアップされました。公開は昨年末だったのですが、私がいろいろあって こ…

保活とわたくし。大田区の認可保育園に入るまで ※追記あり

各地で来年4月からの保育園入園申し込みが始まっているのですね。以前もこんなエントリを書きましたが、 保育料が高くても認証保育園に入れる理由 認可保育園に入るまでの自分って、今思えばもうアホかと思うくらい 保育園のことばっかり考えていました。 思…

大田区の保育士580人へのアンケートに見えた、保育士さんの思い

保育園ふやしたい@大田区 のコジコジさんが、大田区内の保育園で勤務する 保育士さんを対象に、待機児童問題を中心としたアンケートを実施しました。 回答数は585人!

賛否ありすぎるだろう本『「便利な」保育園が奪う本当はもっと大切なもの』

「便利な」保育園が奪う本当はもっと大切なもの作者: 長田安司出版社/メーカー: 幻冬舎ルネッサンス発売日: 2013/01/16メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る基本的に、現状、保育園児の親である人、もしくは過去に保育園児の親であっ…

認可保育園の設立費用はおいくら万円なのか

認可保育園の設立っていくらぐらいかかるんでしょうか。 まずはGoogle先生に聞いてみました。 すると知恵袋のページがひっかかったんですが、けっこう真面目な回答があって 参考になりました。

公開質問状を公開すること

公開質問状の公開作業をしました。【拡散希望】大田区の保護者が、大田区からの都議選候補者に対して今後の保育政策に関する公開質問状を送りました。その回答をこちらで公表しています。 http://t.co/NZksINqzIc— harunosuke (@harunop) 2013, 6月 4都議選…

近々、公開質問状を公表する予定です

メインのPCがクラッシュ(再起不能)するなど、いろいろありまして、およそ2ヶ月近くの放置になってしまいました。 大田区の保育園問題に接するようになって、何かしら動きがないものかと思っていたんですが、それもなく……。 杉並区など、他区のみなさんが活…

保育料が高くても認証保育園に入れる理由

私は大田区で保育ママ・認証・認可の3つの保育サービスの利用経験があります。 保育料負担について、主に認証保育園にスポットを当てて 振り返ってみました。

児童福祉法24条の意味

ちょっと気になるのでメモ。 「保育園入所不承諾に対する異議申し立て」の文書に、異議申し立ての根拠として「児童福祉法24条に違反」という文言を添えていることがあるようです。 弁護士さんの助言を受けているということも聞き及びましたが、個人的には、…

保育園入所不承諾への異議申し立て実行@大田区

各所で報道されているとおり、3月7日、大田区の親子が集団異議申し立てを 行いました。 朝10時の集合に合わせて集まったのは、ご夫婦2組を含む14人の親子。そのうち1名は、今日のことを知らずに預け先の相談に区役所へ来た方が急遽加わりました。

保育園入所不承諾への異議申立ては事を荒立てているわけではない

こんにちは。普段、それほど読まれていないこのブログが訪問者で賑わっており 戸惑っている筆者です。 比較的軽い気持ちで、でも少しでも大田区民のこの動きが広まればと思い 書いた記事でしたが、Twitterで書いたと自己主張したところ、多くの方に RTされ、…