部屋でひとりPCに向かっているなう。

Twitterで吐き出しきれないことをこちらに出したりしてます。保育園の待機児童問題など。

ブログを毎日更新する3つの私的メリット

f:id:edoedo2:20130525131144j:plain

昨日、メガポテトを食べてしまいました。すみません(なぜか謝る)。

左はLサイズ。メガポテトの箱の中には仕切りがありました。

夜までちっともお腹がすかなかった。しばらくいいや(笑)。

 

今、とある単行本の作業をしていることもあって、せっかくなので

自分のブログも毎日ちゃんと更新してみるテストをしてみようという

ことでやってます。

ブログを毎日更新することの有効性は数多くのブロガーさんが訴えている

ことで、今更私などが言っても何も目新しいことは何もないのですが、

上げておきます。

 【1】アクセス数が増える

更新頻度はGoogle先生に褒められる要素の一つ。

Google先生の御機嫌が相当変わらない限り。 

 

【2】Twitterで言い切れないことをまとめてはき出せる

日々、いろいろなニュースを見るにつけ、いちいち文句を言いたく

なる年頃なんですが、Twitterでは書ききれないことも多々あるので、

ブログをその場にしたかったのです。

こういう蓄積が、何らかの企画につながるかもしれないし。

 

【3】 重要な「アウトプット」という作業の場を確保できる

仕事をしていく上でも、人に読んでもらうことを前提とした

アウトプットの作業は大事なことですよね。

その訓練がブログでできます。

 

例えば、本を読んで読みっぱなしではなく、何かしら記録をつけておくのは

とてもいいアウトプットの訓練にもなります。 

本は漫画でも何でもいいのです。 

 

大人になっても作文が苦手という原因のひとつには、アウトプットする

訓練の回数が足らないという不幸があるからです。

最近はブログという存在が一般的になったので、以前よりも文章を

書くこと自体に抵抗を感じる人は減ったのではないかなあと思いますが。

 

毎日更新の大切さは、こちらの著名ブロガーさんのブログが

説得力あります。ご存じの方も多いでしょうが、ご興味があればぜひ。

  

これからブログを頑張ろうと思う人へ。まずは三ヶ月毎日書く。話はそれからだ。
わかってはいたけど改めて響くものもありました。

内容もさることながら、最後の方に書いてあったこんなことが

ちょっと胸に響きました。

 

>世の中、「やった組」と「やらなかった組」しか存在しません。誰もあなたを引き>あげてはくれません。先ずは自分の力である程度のレベルまでよじ登らないと

>いけないのです。話はそれからです。

ほんと、その通りです。

 

ブログの運営のヒントはこの本に詰まってます。知っていることばかりでも、

再読して確認。

必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意

必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意