読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部屋でひとりPCに向かっているなう。

Twitterで吐き出しきれないことをこちらに出したりしてます。保育園の待機児童問題など。

八重の桜(22話)は泣いたけれど大蔵・尚之助で涙ひっこんだ

八重の桜 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

八重の桜 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)


発売されました。ついに京都編にまで話が及んでいるようです。
ネタバレされたい方は一読を~。


それにしても、なんだこのタイトル。

※【注意】邪な見方しかしてない記事です。

6/2に放送された「八重の桜」22話「弟のかたき」。

三郎の死の知らせを持って帰ってきた尚之助、慟哭する八重。
とっつぁまが、竈で一人泣いていた後ろ姿を見て、見ているこちらも
もらい泣きしてしまったのですが……。



ガンダムみたいな軍服を着てフランス語で指揮する大蔵。
走り出す八重を止められず振り払い、夫の尚之助が抱きしめるところを
見せられた大蔵。
「……あんな八重さん、初めて見た……」とつぶやく大蔵、
夫の余裕をかます尚之助。
どこまでも当て馬な大蔵。

大蔵が割と一服の清涼剤のような役割を果たしてくれました。

Twitterで実況されてた方の反応。やっぱり皆さん同じ事を考えていると
安堵しつつお気に入りに入れていました。






幼なじみ(しかも、告白らしきことを言ったのに、八重にまったく察して
もらえなかった)と夫の差。
尚之助は、大蔵が八重に心を寄せていたことに気づいてると思いますが、
訓練場のところで、少しだけ薄笑いを浮かべていたところに
夫の余裕を感じましたねぇ。

しかし、今になってまだ片思いというわけではないでしょうが(たぶん)、
大蔵がどこまでも八重を気にしている設定が続くとは思いませんでした。
登勢の立場は……。

そんな大蔵様は第27回でついに歴史に残る「彼岸獅子入場」を果たすようです。
今から見ても、呆気にとられるアイデアですよね。
これをOKしちゃった大蔵も大した人ですね。

ところで、玉山鉄二さんは個人的にはノーマークだったんですが、
「女信長」で天海祐希さんと恋仲になる浅井長政(笑)というすごい設定の
役柄を演じたとき、公式サイトにこんなことが書いてあって
この人だけは、なんだかいろいろあっても許してもいいかもと思いました。

天海さんについて

「10年くらい前から何作もご一緒させていただいているので皆様は
『バーターじゃないか』と思っているかもしれませんが、
事務所は違います(笑)。バーターだと思われないように
僕は一生懸命芝居をがんばります!
(略)
バーターの僕だからこそ突き進めるところがあったと思います(笑)。
もう、天海さんの作品全部出てやろうかなと思っています」

自分でバーター言っとるw
頑張れ玉鉄w