読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部屋でひとりPCに向かっているなう。

Twitterで吐き出しきれないことをこちらに出したりしてます。保育園の待機児童問題など。

「大蔵殿、人の女に手を出すな……」(「八重の桜」30話)

TVネタ 八重の桜

新島八重 愛と闘いの生涯 (角川選書)

新島八重 愛と闘いの生涯 (角川選書)

やっとジョー出たーーー! な始まりでしたが
それ以上に目に付いたのが、やはり大蔵殿。

尚之助が東京に行っている間、米沢にいる八重のところに行き、八重に
斗南に来るよう誘うのですが、
どうも八重のことをいまだに引きずっているように見えてしまうのは
私だけでしょうか……。


八重も、尚之助に対して案外ドライに見えてしまいました。
山川家の消息を聞いている間に、みねちゃんがやってきて、大蔵に
「尚之助おんつぁまは?」と尋ねているので、八重より心配している感じ。
おじさまが好きだったんでしょうねー。

山川家の消息を聞くのが大蔵への配慮だったと思いますが、尚之助のことが
帰り際についでみたいな感じだったのも気になりますし。
「待ってます」という八重の伝言、ちゃんと伝わるのかも心配……。

唯一まめぶこづゆを食べるシーンがほっとしたし、
泣けました。

八重に触れまくるのも、まだこいつ片思い引きずってるのかと
感じるし、尚之助にしてみれば手を出すなと
言いたくなるのではないかと思ったり。
でもこういう人いますよねー。割と平気で触る人……。

八重の立場は客観的に見れば、母上の様子も良くなく、まだ
幼いみねもいるというのに、これから立ち上げるような藩には
連れて行くわけにはいかないというのが実際のところでしょう。
でも、八重の斗南へ行かない理由が
「恨みだけで生きていけない」などと言い出して、なんだか
すんなりと飲み込めないような理由でした。
そんなゴチャゴチャ言わんでも、気が進まない、行きにくいと
ひと言で済むような気もしましたがw

来週は、いつの間にか山本姓を(クレジットで)名乗っている時栄の存在が
明らかになり、うらが「女の意地」を見せる場面、そして尚之助からの
離縁状が届くという、ふたつの離縁が描かれます。

正直、うらがみねを置いていったのが理解できないのですが、一緒に母子で
暮らしてもまともな生活ができそうにないからとも思ったのでしょうか。
その後のうらの消息はわからないそうなので、どこでいつまで生きていたのか
非常に気になる人です。

覚馬と暮らしたのはわずか数年で、ほとんどが山本家の舅・姑・小姑・
小姑夫(義弟)との生活だったんですものね。
山本家の人がどんなにいい人でも、なんだかストレスフルな生活……。


萱野さんさようならの回で柳沢慎吾さんオールアップだったそうですが、
NHKスタジオパークで見学した人の書き込みによると、
撮影が終わったあと、玉山鉄二さんとあの刑事コントが始まり、萱野の姿で
「あばよ!」があった模様です。
さすが慎吾ちゃん、感動返せwww

290 日曜8時の名無しさん[sage] 投稿日:2013/05/31 22:29:53  id:LwlbUOF/(1)
今日の収録
午後から
30話シーン6
飯野藩保科邸。白装束に浅葱色の裃着けた萱野が家臣の先導で廊下をおごそかに進む。

30話シーン7
保科邸一室。平馬と大蔵が控えている。障子が開けられ萱野が入って着座。
平馬、大蔵は平伏してそれぞれ声をかける。
平馬はくちびるを噛みしめている。萱野は「バカ者、・・・武士の誉れ・・・」
と笑って見せる。
そのとき大蔵が殿からの文をと・・・萱野は驚く。大蔵は容保の文に
一礼して萱野に手渡す。
萱野は親書に目を通し終わると平馬が照姫からの親書を手渡す。萱野はそれを
拡げると文と和歌を手にする。
文に目を通すと涙ぐみ和歌を詠むことも声をつまらせ大蔵に渡し代読させる。
大蔵が詠みあげる。
「夢うつつ思ひも分す惜しむそよまことある名は世に残れとも」
萱野は親書を懐にしまい込みふたりに「・・・・悲しんではならぬ」と
残して部屋を出て行く。
ふたりは平伏したまま咽び泣く。


萱野がまた部屋にいる・・・え!つぎのシーン?
急にグリーンとレッドのライトが点滅!柳沢さん、オールアップ!自分の写真が
貼りつけられたボードに
「お疲れさまでした」の文字。
そこに池内さんが花束を、玉山さんとハグ。それから二人と打ち合わせ。
慎吾ちゃんの警察ネタのショートコントの始まり。いつもの指を上にあげ
手をまわす(レッドランプが点滅)
煙草の箱を取り出し無線に。平馬(池内さん)に手錠をかける仕草。
大蔵(玉山さん)と連行する。
そして3人で頭を下げてコント終了。この後、慎吾節で挨拶、一木Dと握手。
そしてカメラに向って親指を立て
「あばよ!いい夢見ろよ!」・・・・・スタジオ去る最後に振りかえって
また親指立てていましたね。


京都編のポスターが微妙な感じ……。