部屋でひとりPCに向かっているなう。

Twitterで吐き出しきれないことをこちらに出したりしてます。保育園の待機児童問題など。

八重「放送開始後、約1分で離縁状……」(「八重の桜」31話)

オープニングが8月バージョンに変わって、まるでREGZAのCMのように
なりましたが、みなさんいかがでしたか。

今回は3組の夫婦の離縁が描かれました。
まず1組目が八重と尚之助、2組目は二葉と平馬、そしてうらと覚馬。

特に覚馬株、大暴落してストップ安です。

うらの手に出来ている主婦湿疹らしいあかぎれ。その手で
覚馬にもらった赤い櫛を使おうとするうら。
夫のいない9年間を耐えて過ごしてきたというのに、
京都に女と子どもがいるという事実に、何か彼女の中で
プツンと糸が切れてしまったのかもしれませんね。

八重は猛烈に「まずは女を追い出す!」と怒り狂いますが
尚之助から送られた離縁状については、
「斗南にいいおなごさんができたんでしょう」と言うのが
ちょっと不思議な感じでした。

娘の将来を考え、八重にみねを託して自分は会津へ……。
うらの晩年がどうだったのかはまったくわからないようですが
少しでも幸せを感じる瞬間があればと願わずにはいられません。

こちらも独身になった八重。
開城の日の出来事は、突き放されたような気がしていたのですね。
いつでも尚之助は勝手に決めてしまう……と
つぶやきますが、何か理由があるのだろうと考えては
いるようです。

結果的に、八重たちまで斗南に行っていたら
大変な食糧難で苦しんでいたに違いないでしょうから、
尚之助が苦渋の決断をした意味はあったでしょう。

そんな尚之助はまた(?)4年も訴訟に付き合うことになります。
(「雲の階段」に引き続き、また取調室にいるしまた訴訟にw)

33話で再会する展開がありそうなので、来週を飛び越して再来週に
注目です。

今日はとにかく、みねの涙でこっちが号泣してしまいました……。

ちなみにNHKスタジオパークのドラマ撮影見学用のモニターは
REGZAです。

TOSHIBA REGZA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ 32V型 32S5

TOSHIBA REGZA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ 32V型 32S5