読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部屋でひとりPCに向かっているなう。

Twitterで吐き出しきれないことをこちらに出したりしてます。保育園の待機児童問題など。

大田区待機児童についてのアンケート

待機児童問題 大田区保育園問題

「保育園ふやしたい@大田区」のメンバーである坂井さんが、
大田区にお住まいの、乳幼児をお持ちの方を中心に、
待機児童についてのアンケートを行っており、その中間報告が
ブログにアップされました。

公開は昨年末だったのですが、私がいろいろあって
このままですた……。

大田区 保育園ふやしたい@大田区


なんとアンケート回収は201人!
そしてこの報告書は「大田区子ども子育て会議」にて議員の方に
配布される予定とのこと。

坂井さんご自身も0歳児さんを抱えていながら、活動を絶やさず
行っておられて、頭が下がります。

このアンケートの結果、特に自由記述欄には、今まさに保育園のことで
悩みが絶えないお母さんたちの生の声が書かれています。

自分の頃を思い出したりしつつ、ふと気になったこともありました。

今、こんなに待機児童問題が起きていることの一端に、
「選挙に行かない」「政治に無関心すぎる」ということ、そして
「声をあげてこなかった」ことが挙げられると
思ってます。

私の子どもが待機児童だった頃から約8年以上経っているのに
その頃から何ら変わらないどころか状況がひどくなっているのに
驚いてるのですが、結局はその間(私も含めて)何もしてこなかったことも
原因のひとつでしょう。

生の声を行政に届けていくことは、次世代で子育てをする人々の
ためにもなるはず。

自分の子どもがやがて親になったころ、まだ待機児童がーとか言ってたら
ゾッとしませんか。
放っておいたら、たぶんそうなりますよ。

何はともあれ、
選挙に行って一票入れること。
自分達の声を行政、政治家に届けること。

杉並区の保護者たちが声をあげたことを思うと、本当に大事なことです。

保育園ふやし隊@杉並