読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部屋でひとりPCに向かっているなう。

Twitterで吐き出しきれないことをこちらに出したりしてます。保育園の待機児童問題など。

主婦湿疹に悩まされ中でして

生活一般的な

主婦湿疹(手湿疹)とは、主に水洗いなどの家事が原因で手が荒れ、
湿疹になってしまうことを俗にこう言うのですが、
これはほんっとにきつい!

(自分の手の画像を載せようかと思いましたが、やはり見苦しいので
 やめました)

指が荒れてかゆくてたまらず、掻かないよう我慢して、もみ手の仕草で
耐えてみても、結局皮膚が割れたりかぶれたりして
たまらんのです。

一日中、ハンドクリームやワセリンを塗りたくっても
まったくもって改善されず。

そこで、6月頃に近所の皮膚科に行きました。
炎症を抑える軟膏と、かゆみ止め、抗アレルギー剤を処方され、
1週間足らずで一時は収まったのですが、結局またぶり返し……。

これでは病院に永遠に通い続けることになってしまいそう。


考えられる原因としては、

・元々がアトピー体質である
・台所用洗剤
・ハンドソープ
(特に、殺菌・消毒もでき、手の油脂分を全部奪い去って行くような勢いの
 洗浄力を持つもの。
 また、公衆のトイレなどで使われている緑色の「シャボネット液ユム」を
 使うと、速攻で手が荒れてしまう。
 ちなみにユムってなんだろう。この語感が気になる。)

……なわけですが、私はそもそもゴム手袋で食器を洗うのが嫌いなのです。
なぜなら食器がきれいになったことを実感しにくいから。

そして、すさまじい洗浄力の台所用洗剤が好きでもあります(泡の○カラ愛用)。

しかし、これらの主義趣向を変えない限り、治す気がないも同然と言えましょう。
そこを我慢して

・水洗いはできるだけゴム手袋を使用
・台所用洗剤も変えてみる

ということをやってみました。

調理中は使い捨てのビニール手袋を使っていますが、これが
使いにくく……ゴム手をハンドソープで洗いながら
使っちゃってます。

そのほか、主婦湿疹に効果がありそうだという市販の塗り薬を併用し、
手がベタベタになるので、ほぼ一日中、綿の手袋をはめるようにしました
(でも暑い……)

メディクイックは評判が良かったので使ってみたところ、
確かに、乾燥が軽い部分は1日で効果が出てきました。
※あくまで個人的な感想です。

メディクイックにはプレドニゾロンというステロイド
含まれているのですよね。
昔、喘息の発作が酷いときには非常に救われたものでした。
少量でもステロイドを使用しないと完治しにくいのが
この主婦湿疹というやつなのかも。

ヴァセリン オリジナルピュアスキンジェリー 200g

ヴァセリン オリジナルピュアスキンジェリー 200g

ヴァセリンは保湿ケアの定番品ですね。身体のほとんどどこにでも使えるので、
唇が荒れた時にも使えます。
メディクイックを塗った上からヴァセリンを塗って
保湿力をアップさせてます。


台所用洗剤は、やっぱり自然派系がいいのでしょうが
洗浄力が弱いのが悩み所です。
以前、その手の洗剤を使ったところ、確かに手がまったく
荒れませんでしたが、食器がきれいになるまでに時間がかかるので
忙しい日々には不向きと判断、離脱してしまいました。


いろいろ検索してみて、比較的手に入りやすい
フロッシュをお試しで使っています。

フロッシュ 食器用洗剤 アロエヴェラ 500mL

フロッシュ 食器用洗剤 アロエヴェラ 500mL

一般的な台所用洗剤のように、スポンジにつけるとすぐ泡立たないとか、
つけ置き洗いに向いているなどといったレビューもありましたが、
1回使ってみたところ、案外きれいに落ちてると感じました。

よく考えたら、ゴム手してるなら洗剤に何使っても関係なくね……?
とも思いましたが、湿疹が良くなったあとにフロッシュを直に使って、
手が荒れることがなければいいんですよね。

中には、ゴム手をしていても、そのゴムで手が荒れるという
敏感すぎる手肌の方もいらっしゃるようなのですが、
幸い私はそこまでには至ってません。


今のところ、まだ指は、ちょっとした生姜くらいなら
すり下ろせるんじゃないかという位のガサガサがあり、
まだかゆみも残っているのですが、
根気よく治していくしかなさそうです。

たぶん一番の解決策は、家政婦さんを雇うことですがw
ネトゲみたいにクリックしたら家事ができるとか、そういうのも
あるといいのに(ない)。