読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部屋でひとりPCに向かっているなう。

Twitterで吐き出しきれないことをこちらに出したりしてます。保育園の待機児童問題など。

学校のSNS指導が「使うな」の一点張りで指導になってない件

f:id:edoedo2:20121218172904j:plain

「使わない」が基本の指導内容

娘の学校では入学早々に安全指導として警察の方からの話があったのですが、その中で
ソーシャルメディアの利用についても話がありました。

警察が作成したDVDを見ましたが(倉科カナ主演でした)、リベンジポルノの事件を意識したような内容もありつつも、
はっきりいってまったくもって解決になってないし指導になってない、と思った次第です。

大まかな内容としては

・LINE(的なもの)で相手からすぐに返事が来なくてもイライラしない
・見知らぬ人物に対しては、相手が同性だからといって安心しない。
 そうした相手に自分の画像などを送ったりすると、画像に
 埋め込まれた情報から自宅が特定される。
短縮URLを踏んだら架空請求サイトに飛ばされた→短縮URLの先に
 どんなサイトがあるか確かめましょう。
ソーシャルメディアは使わない。年齢制限があったとしても確実ではない。
 利用する場合は保護者の同意と管理の下でやる。

というものでした。
LINEの返事が来ないくらいでイライラすんなはわからないでもない、
(とはいっても大人だってイライラしてる人いるだろうに)
けどその他は「触らぬ神に祟りなし」的な内容で、相変わらずこの手の指導は
指導になってないなーという感想です。

学校には情報科の先生だっているのに、もうちょっとなんとかならないのか。
SNSの利用だって結局は「保護者の管理の下」と、親に投げてます。
最終的には親の責任というのはわかりますが、その親に一定のリテラシー
あるとは限らないし、何でこうなっちゃうんだろうな。


最近、大学生以上の方と話す機会があったんですが、彼らはいわゆる
デジタルネイティブですから、話を聞いていると
「生まれた時・物心ついた時からインターネットがあるって怖!」
と思います。
懸念しているわけではなく、生活の中に普通に浸透しているし
裏技・抜け道を探るということが大好きな子どもたちなので
機器の特性を理解し、己を律して使うということをどこまで考えているのかは
疑問になります。
律することができないゆえに、バカッターみたいなのが現れるわけですし。

そんな彼らに学校や警察側が「使うな」という指導はちょっと雑な気がします。

ならばどう指導すべきか

ネット上には何を考えているのかわからない奴もたくさんいる、という点は間違いないので
基本的には

ジオタグ・位置情報の類はOFF、デジカメ・スマホGPS機能もオフにする
 カメラ機種くらいはExif情報で見えても許容かなという気がします。

・先が絶対わからない短縮URLは踏まない
 2ちゃんねるは、だいたいどの板にもグロ画像かどうか確かめてくれる人が
 いるのでありがたいですねw

SNSは年齢制限があるので年齢に達するまでは使わせないし、使うとしても
 親が閲覧できる状態にして監視・指導するくらいのことはする
 社内SNSなど、SNSとその機能はあらゆる場面で導入されているわけですから、
 まったく使わないというのも将来的には不安です。

 賛否あるかもしれませんが、そもそも毎月の料金を払ってるのはこちら。
 携帯を持つ理由として、親は仕事で必要だから持っているという側面も
 ありますが、子どもの場合は娯楽がメインです。
 貴様の娯楽に払う金はない!ということで自分が働いて携帯代を払えるように
 なるまでは監視下に置くと子どもには宣言してます。
 今使っているガラケーがダメになったら、いずれスマホに変えるかもしれませんが、
 その時は遠隔操作アプリとかを入れて楽しむでしょうw